おまとめローンを利用するケース

おまとめローンのメリット

消費者金融を何社も利用してお金を借りているとします。実際、必要な金額に対し、全額借りるのは無理なので数社に分けて借りている、という個人、零細事業者は少なくありません。

 

数社から借りているとなると、返済にも色々と手間がかかります。返済の期日が違う、振込先も当然ですが違うので、支払いの期限がくるたびに、ATMや店舗まで足を運ぶことになります。実際に経験してみるとわかりますが、それは実は相当な手間で負担になります。たださえ仕事で忙しいのに、そこまで手が回らないのが実情だからです。

 

ついつい支払期限を忘れて越えてしまうと、延滞料金が発生し、余計なお金を払わなくてはなりません。また、延滞が何度もあると、いわゆるブラックリストに名前が載ってしまい、次からお金を借りられなくなる可能性もあります。

 

おまとめローンのメリットのひとつは、支払先を1社にすることです。これで支払いの手間は格段に軽くなり、返済の日を忘れたりする危険性はほとんどなくなります。各種手数料も1社のみになるので、時間の節約だけでなく、トータルの返済金額も大幅に減らすことができます。

 

時間が節約できればより仕事、事業に集中できるというものです。おまとめローンは、金利を低くすることに注目を集め勝ちですが、このような心理的、時間的なメリットがあることも見逃せません。

 

おまとめローンは、特に自身で事業をしていて時間に追われている人におすすめしたいローンのひとつです。

おまとめローンの金利

おまとめローンでは、金利が一番のポイントになってきます。

 

複数のローンをひとつにすることで手間も大幅に省くことができますが、一番の目的は、ばらばらだった金利をひとつに集約し、しかもより低い金利で借りなおすことによって、トータルの返済額も少なくすることです。

 

ただ、なんでもかんでも今のローンを解約して別のローンに集約すればいい、というものではありません。もし今利用している金融機関の中で金利の低いところがあれば、その金融機関にローンを集めてしまうという方法もあります。

 

融資額を拡大してくれるかどうかがポイントになってきますが、別のローンを新規に申し込むよりも審査は楽で、借りやすいのは事実です。

 

また、今あるローンを全部ひとつにまとめるのではなく、その中から特に金利の高いローンに絞り、おまとめローンにするという選択もあります。ローンの残高が多いと、まとめたくてもそこまでの金額の高いローンは組めないということは少なくなく、その場合は、利息の大きいローンのみ一本化して返済額を減らす、という方法も賢いやり方です。

 

もし利用しているローンの中に、キャンペーンなどを利用して特に金利の低いローンを組んでいるのであれば、そのローンはまとめずにそのままにしておいた方が、結果的にとーたるの返済額を少なくできることもあるので、全体から判断し、まとめローンにすべきローンを選別するようにします。

おまとめローンは今が狙い目

消費者金融の拡大により、誰でも簡単にお金を借りることができるようになりました。数十万円、数百万円の借金には心理的に抵抗があっても、数万円程度ならすぐに返せるという意識が働き、気軽に借りる人も増えていきました。

 

心理的なハードルが下がった結果、消費者金融からお金を借りる人が激増しました。しかしその結果、お金を借りすぎで返せなくなり、破産する人も急増してしまいました。そしてそれは社会問題にもなり、グレーゾーン金利での融資による過払い金、総量規制という制度でお金を借りることに対する法律が整備されました。

 

今では消費者金融のコマーシャルを聞くことはほとんどなく、お金を借りることは以前より後ろめたい気持ちを持つようになりました。しかしその影で、お金を借りたい、借りる必要があるという人は逆に増え続けています。不況が一番の原因ですが、若者の就職難というのも大きな要因です。

 

消費者金融は今も健在で、担保なしでお金を借りられるので、多くの人が毎日利用しています。そして返済に苦しむ人は実はそう減ったわけではありません。

 

その現実に対し、今、金融機関が積極的におすすめしているのがおまとめローンです。何社も消費者金融からお金を借りている人に対し、より低金利のローンでひとつにまとめることができることをうたい、ローンを組んでいる人にアプローチしているのです。

 

これは利用者側からしてみれば今が狙い目とも言えます。より低金利でローンを組める大きなチャンスだからです。

高金利のローンがある

いくつかローンを組んでいる場合、大抵は金利の低いローンを組むようにしているはずですが、急にお金が必要になったときは、すぐに貸してくれるところをどうしも選んでしまうので、金利は二の次になることは少なくありません。

 

そのときは、多少金利が高くても仕方がないと思うのですが、やはり金利が高いというのは返済の大きな負担になり、ボデーブローのように効いてきます。この場合もまた、おまとめローンを利用したいケースです。金利の高いローンから順番にピックアップし、いくつかをまとめて別の低金利のローンに借り替えるのです。

 

ローンの中に低金利で借りている業者がいれば、その業者にまとめるのが一番ですが、金額が大きいとなかなかそういうわけにはいきません。そのため、高金利のローンのみに的を絞り、おまとめローンを利用することで返済の負担を軽減することができます。

 

高金利のローンは色々な意味で負担が大きく、もし延滞でもしてしまうと、その超過分もばかにならない額になってきます。高金利のローンはできるだけ早く処理し、別のローンにまとめるのがおまとめローンの賢い使い方のひとつです。

 

また、借りているローンの金利にそれほどばらつきがないときは、基本は全部をひっくるめてひとつにまとめるようにします。その場合、トータルの返済額がそれほど変わらないということもありますが、いくつもの業者に返済するという手間は確実に省けるので、相応のメリットは十分にあります。

債務整理だけは避けたい

今は不況の時代と言われ、中小企業、零細企業では倒産も少なくありません。また個人においても、借金やローンがかさみ、弁済できなくなって自己破産などの債務整理をする人が増えてきています。

 

債務整理が認められれば、確かに借金の返済からは開放されますが、何もなく返済を免除されるのではありません。いわゆる社会的なペナルティを受けることになり、普段の生活にも色々と制約が課せられます。

 

その制約は一定期間経てば解除されますが、それでも債務入りをしたという事実は消えることはありません。いくつものローンを抱えて返済に苦しみ、もう債務整理しかない、と思ったとしても、整理した後の制約を考えると、安易に債務整理するのは絶対に避けたいところです。

 

そこで債務整理を決心する前に、おまとめローンで少しでも返済額を減らせないか、検討するのが賢明です。

 

消費者金融からお金を借りている場合は、過払い金がないか、必ず確認しましょう。次に、今組んでいるローンの借り入れ金額と月々の返済金額、金利をすべて書き出して表にします。もし別のローン1社にまとめることができれば、いくら返済を減らせるのか、おおよそでいいので計算してみます。利息の計算は難しいので、事業をしている人であれば、お抱えの税理士などに依頼すればすぐに計算しなおしてくれます。

 

おまとめローンは今のローンよりも低い金利を選ばないと意味がありません。もし今のローンがとれも低金利なら、その中からー社を選び、そこにローンを集中すれば、返済額を少なくできる可能性があるので、あきらめてはいけません。

 

また、おまとめローンの手順自体は普通のローンとほとんど同じで難しいものではありません。そのため、手遅れにならないうちに早く決断することが一番大切です。